家族葬・1日葬の葬儀までに行うこと

1日葬は通常二日間かけて執り行われる通夜と葬儀・告別式を1日で行うスタイルです。身内だけのごく少人数で行われるので、遺族の精神的な負担を大きく軽減できますし、仕事の都合で忙しい方も1日だけですのでスケジュールの都合をつけやすいと、近年家族葬や、告別式から火葬までを1日で終わらせる1日葬を選択されるご遺族の方も増えています。その代わりに1日で行う内容量が多くなるので、事前にしっかりと流れを把握しておくことでスムーズに葬儀を執り行うことができます。

では実際に1日葬のスケジュールがどういった流れになっているかを簡単に説明します。一般葬との大きな違いと言えば、通夜がないことです。通夜がないので通夜振る舞いもありません。通夜にかかる費用がないので経済的な負担を軽減できるだけでなく、悲しみの中で弔問客の対応に追われなくてもよいので、精神的な負担も軽減できます。

1日葬も一般葬も通夜がないこと以外はほとんどの流れは同じです。しかし、仏式では通夜を含めた葬儀の流れをとても大切にしているので、宗派や寺院によっては1日葬を拒否されることもあります。事前に寺院への相談を行ったり、1日葬に対して理解のある会場を選んだりするなど、しっかりと確認しておく必要があります。

また、どこまでの親族や親族以外の人たちに連絡するのかも決めなくてはなりません。身内と言っても普段お付き合いのない親戚や遠方に住んでいる親族は参列が難しい場合もあります。事前にどこまで連絡するのかを決めておけば慌てなくて良いので、家族葬について話し合いをする際には議題にあげると良いでしょう。また、家族以外にも故人が特に親しくしていた方や生前にこの人は呼んで欲しいと希望がある場合にも、できる限り遺志に沿うように声がけをし、最期のお別れをきちんとできるようにしましょう。