家族葬と1日葬のメリット・デメリット

大切な家族との別れの時間を大切にしたい、そんな思いから家族葬を選択する家庭も増えています。また、家族葬の中でもスケジュールの都合や費用の面から、一日で故人を見送る1日葬も増えています。通夜を行わない1日葬は、体力面から見ても、精神面から見ても、遺族の負担を軽減することができるため、葬儀に対して強いこだわりがない場合や、遺族が高齢者で体力的にもとても大変な場合には検討してみると良いでしょう。もちろん家族葬にもメリットだけでなくデメリットもあります。家族で検討する際にはメリット・デメリットを踏まえた上で話し合うことが重要です。

通常二日かけて行われる葬儀を一日で行うという点で、体力的にも精神的にも遺族の負担が軽減されるというのが1日葬の最大のメリットです。しかし、その一方で葬儀のスケジュールの都合上、時間が合わせられずに親族以外の人たちが故人とゆっくりお別れできないのがデメリットでもあります。通常は通夜と葬儀・告別式と二日間に渡って故人とお別れする時間がありますが、1日葬の場合には一日しかありません。特に家族葬の場合は身内だけで執り行う場合には適しているスタイルですが、多くの弔問客が見込まれる場合にはあまり適していないスタイルです。

また、1日葬は最近になって人気が出てきたスタイルなので、受け入れ方にも個人差があります。仏式では通夜、葬儀・告別式という一連の流れがとても大切にされています。そのため、檀家に入っているお寺や参列者の方、特にご年配の方からは反対される可能性もあります。1日葬を行うためには事前に家族でしっかりと話し合いをし、葬儀に関わる人々の理解を得られるようにしなければなりません。