家族葬・1日葬の葬儀から火葬まで

通夜を行わない1日葬では、納棺の儀式を告別式の前に行います。納棺の儀式は親族だけで行い、故人の旅支度を手伝います。その際に副葬品となる故人の大切にしていたものや好きなもの、普段から身につけていた物などをお棺の中に入れます。通常二日間かけて行う火葬までの儀式を1日で行うので、一般的に11時から12時頃にかけての早い時間帯から始めます。家族葬や1日葬の司会進行は、葬儀社のスタッフが行うので任せておけば間違いありません。

儀式の内容としては、仏式の場合には僧侶による読経が行われ、続いて弔辞や弔電が紹介されます。その後は喪主、遺族、参列者の順番に焼香を行い、別れの儀式となります。このあたりの流れは一般葬と同じ流れになります。故人との最後の時間となるため、このお別れの儀式には可能な限り十分な時間を取ります。お別れの儀式の後には出棺の準備へと移ります。故人の棺に生花を飾った後、男の人を中心にしてお棺を霊柩車に乗せます。最後に喪主の挨拶を行い出棺、火葬へと移動することとなります。

家族葬や1日葬は、身内や近しい人だけで行うことが多いので、全員で火葬場へ行くケースもあります。逆に参列者が大勢いる場合には、一般の参列者の方にお礼を述べてから、親族だけで火葬場まで移動します。施設によっては葬儀場・火葬場が併設されている場合もあります。その場合には告別式の後にすぐに火葬へと移ります。葬儀場と火葬場が離れている場合にはマイクロバスや自家用車に乗り合わせるなどして火葬場へと移動します。

火葬の前に火葬炉の前で納めの式を行います。僧侶がいる場合にはお経を読んでもらい、喪主から順番に焼香を行い、その後に火葬の流れになります。火葬は大体1時間程度で終わるので、その間参列者は控室で待機することとなります。親族が揃う機会はあまりないので、その際に今後の法要の日程などを相談して決めておくと、スケジュールの調整などがスムーズに行えるのでおすすめです。火葬が終わったら骨上げとなります。骨上げの方法などは一般葬と同じで、順に足から頭へとお骨を納めていきます。