家族葬・1日葬を行う上で気をつけることとは

骨上げ後に、骨壺と一緒に埋葬許可証を渡されるのでなくさないよう大事に保管しておきましょう。また、火葬後に逝去から7日目に行う初七日法要を行う場合もあります。地域や宗派によっては告別式の後だったりタイミングが違っていたりしますので、初七日法要をどのようにするのかを必ず確認しておく必要があります。家族葬や1日葬では、一般葬と違って精進落としなどの食事の席を設けないので、骨上げまでの儀式で葬儀は終了となります。ただし、ごく近しい身内で自宅や外食にて食事をする場合もありますので、食事の席を設けるかどうか確認し、設ける際には事前に準備や予約をしておかなくてはなりません。

香典に関しても注意が必要です。家族葬や1日葬では香典を辞退する事が多いのですが、辞退を希望する際には会葬礼状に香典辞退の旨を記すなど、失礼のないようにしなければなりません。また、香典や供花の辞退に関わらず、会葬御礼品は参列していただいたことへのお礼なので、必ず準備しておきましょう。

最後に、故人とのお別れを家族だけでしたいと思う遺族の方々と同じように、故人とのお別れを希望する方が大勢いらっしゃる場合も想定しておかなければなりません。相当数の弔問客が見込まれる場合には、やはり一般葬など親族以外の人たちもお別れができる場を設ける方が適切だと言えます。故人の交友関係なども事前に把握し、生前に葬儀について家族などでしっかりと話し合っておくことができれば、後々のトラブルなどを回避することができます。